こちらのお役立ち記事コーナーは

 

定期的に更新していきますので

 

お楽しみにね♪

着物の種類は大きく分けて2種類に分けることができます。

先染めの着物、後染めの着物です。

 

では先染めの着物、後染めの着物ってなんでしょう。

 

♢先染めの着物→織の着物です。

真綿から紡がれる紬糸や生糸を先に染めて織り上げるから先染めの着物のこと。

着物の種類は主に紬、お召など。

先染めの着物はフォーマルには向きません。

どんなに高価なものでも式典などには着ていけません。

 

♢後染めの着物→染めの着物です。

フォーマルなものは染めの着物が主流です。

極細い生糸で織られた柔らかな反物の生地に染色を施します。

生地は様々ですが、手触りがしっとりとしているので「柔らかもの」と呼ばれます。

小紋、訪問着、付け下げ、色無地などがあります。 

1本目の帯って何色がいい?

 

どんな帯だと合わせやすいかな?

 

私は白地の帯をオススメしています。

 

白地の帯はとにかく万能帯。

 

着物の色が派手でも地味でも
着物の柄がごちゃごちゃでも スッキリしてても
案外何にでも合う。
私は白地の帯は5〜6枚持っています。

 

白地の帯って 結構汚れているものが多いので、
適正価格のものがあって気に入れば 買ってしまう、、

 

そして集まってしまいました。

 

生徒さまコーデ色々
こちらも参考にして下さいね

最初の着物って何がいい?

よく生徒様から聞かれるご質問が、
一番最初にどんな着物を買ったらいいですか?

最初の一枚は
地味な紬が何にでも合わせやすくていいですよー。

地味な紬は万能着物。
洋服でいったら シンプルなシャツみたいなものです。
どんな 帯もしっくり 合います(^^)


そして粋な紬と言えば 縞の着物。
 
縞の着物はどんな帯にも合うんだよ
のコーデをご紹介しています。


チェックの着物って可愛いー

 

これからの季節、少し暑くなってくると

綿のチェックの着物、オススメです。

 

単衣仕立てだし、軽いし、家で洗える。

私も紺のチェックの着物を一枚持ってます。

 

とにかく チェックは万能な着物。

 

合わないのはカジュアルなので

吉祥文様 の礼装用の帯は合いません(^^)

 

カジュアルに 半幅帯♪♪

とかが良く合います(^^)

 

足元も草履より下駄が合いそう(^^)

元気なコーデを目指して下さいね(^^)



先生 着物コラム

[大島紬コーデ術]

 

大島って一歩間違えると昭和のお母さん風になる危険 着物です。

赤の帯は合うけど、、昭和感が出たりとか。

基本は大島は織の着物なので染めの帯を合わすといいですね。

わたしはいつも 紅型染めの帯を合わせています。

 

織の着物には染めの帯染めの着物には織の帯

逆のものを合わすのが着物コーデの基本です。

 

柄もなるべく現代的なものをもってくると小洒落た感がでると思います。

粋な着こなしになると思います。

染めの帯ってのは、、絵が描かれていたり、型染めされてたり、、

そんな帯の事です。


大島紬はどんなに高価なものでも 

子供の式典、茶道のお茶会など正式な場には着ていくことは出来ません

 

大島紬は町歩き、友達とのランチ会などにはぴったり。

水に強いという特徴があるので

わたしは雨になりそうな時に着たりします。

軽くてあったかいそんな着物です。



先生コーデ♪